読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1108518
0
「新」怪奇現象41の真相
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
7 アポカリプティック・サウンドの謎

『「新」怪奇現象41の真相』
[著]ASIOS [発行]彩図社


読了目安時間:14分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

【空から不気味に鳴り響く「終末」を告げる天使の笛】



 伝説


 空から不気味な音(※①)が鳴り響く「アポカリプティック・サウンド」(終末の音)という現象が世界中で起きている。


 報告される怪音はどれも似ており、不気味な現象が世界規模で起きていることをうかがわせる。一説には、「終末の音」という名前のとおり、世界の終わりを知らせる音ではないかともいう。


 なぜなら新約聖書の『ヨハネの黙示録』には、7人の天使がラッパを吹き鳴らすとキリストが復活し、最後の審判が行われ、世界の終末が訪れるという預言が記されているからだ。つまり、世界中で報告されているアポカリプティック・サウンドは、その終末の到来を告げるものかもしれないのである。



 真相


 ●きっかけはキエフの動画


 アポカリプティック・サウンドを記録したという動画には、特に有名なものが2つある。


 ひとつは2011年8月11日のウクライナ・キエフの動画(※②)。もうひとつは2013年8月29日に、カナダのブリティッシュ・コロンビア州テラスという町で記録されたという動画である。


 このうち、キエフの方は最初に有名になったアポカリプティック・サウンドの事例だ。


 音も低くうなるようなラッパ音らしきものになっていて、今日、「アポカリプティック・サウンド」と言われてイメージされる音を作ったともいえる。いわば元祖的な存在である。




 そこで、まずここではキエフの動画から検討していきたい。この動画が投稿されたのは2011年8月11日。マンションの5階あたりから外の様子を撮影したもので、約11分にわたり、断続的に大きな怪音が聞こえる。


 一体、この怪音の正体は何だろうか? 海外で指摘されているものは主に2つある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6125文字/本文:6843文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次