読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1108521
0
「新」怪奇現象41の真相
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
9 黒騎士の衛星は実在するか?

『「新」怪奇現象41の真相』
[著]ASIOS [発行]彩図社


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

【1万3000年前から存在? NASAも認めた謎の人工衛星】



 伝説


 インターネットを中心に、「黒騎士(※①)の衛星」、あるいは「ブラックナイト」と呼ばれる謎の衛星が話題になっている。それは、人類が打ち上げたものではない。おそらくは異星人が地球を監視するために飛ばしたUFOではないかというのだ。


 この黒騎士の衛星は、今をさかのぼることはるか1万3000年も前から地球の周りを1000キロの高さで周回しているのだという。どのような機能を持っているのかは定かではないし、現時点で稼働しているのかどうかも定かではない。


 この衛星は、1954年にアメリカの新聞が報じたことがきっかけで注目されるようになった。人類が打ち上げた人工衛星は、1957年の旧ソ連のスプートニク1号(※②)が最初だ。その3年前に人工衛星が宇宙に存在したはずがない。


 時代が下って1998年、国際宇宙ステーション建設のために打ち上げられたスペースシャトル「エンデバー」が船外を飛行する黒い物体を発見した。一部ではこれが黒騎士の衛星であるとみられている。NASAが撮影した写真も公開されている。ステルス戦闘機を思わせる外観は、異星人の宇宙船である可能性を十分感じさせるものといえるだろう。





 真相


 一時期、下火だったUFO関連の話題だが、近年、ソーシャルメディアの発達によって再び活況を呈している。この謎の衛星に関する話も、そうした流れの中でジワジワと普及してきているようだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5030文字/本文:5648文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次