読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1108525
0
「新」怪奇現象41の真相
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
13 大空を飛ぶ「不定形UFO」の正体は?

『「新」怪奇現象41の真相』
[著]ASIOS [発行]彩図社


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

【世界中で目撃報告が相次ぐ、新しいタイプのUFO】



 伝説


 UFOといえば金属の皿を上下に合わせたような円盤型飛行物体と相場は決まっていたはずだ。しかし、最近その範ちゅうに収まらないタイプのUFOが空を賑わしている。


 空で形状を刻々と変化させたり、尋常でない数で現れたりと、メカニックな宇宙船というより、どことなく生きものを思わせ、さらには具体的な生物のカタチをした物体であることすらある──そんなとても奇妙な未確認飛行物体なのだ。


 このようなUFOは、2000年前後から話題になったものであり、「Irregular shaped UFO(不定形なUFO)」「morphing UFO(変形UFO)」「Sky Worm(空のイモ虫)」などと呼ばれている(※①)。


 最近ではテレビでも紹介されることがあるので、ご存じの方も多いだろう。また、YouTubeなどの動画投稿サイトで先にあげた呼び名で検索していただければ、このような動画が大量にアップロードされていることが実感できるはずである。


 さて、その中のひとつが日本でもネットニュースなどに取り上げられて話題になった、イタリアのミラノで撮影されたという不可思議な飛行物体の動画である。


 それはキラキラと不規則に形状を変えながら空を優雅に浮遊しているように見え、どう見ても奇妙で、この世のものとは思えない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4557文字/本文:5132文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次