読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
250
kiji
0
0
1108565
0
リオデジャネイロ・オリンピック メダリストの言葉Vol.1 〜うれしいより、幸せです〜 内村航平・伊調馨・錦織圭など選手の名言を収録!
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第1章 金をもぎとる言葉

『リオデジャネイロ・オリンピック メダリストの言葉Vol.1 〜うれしいより、幸せです〜 内村航平・伊調馨・錦織圭など選手の名言を収録!』
[著]国際アスリート研究会 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:25分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


それ(1年前のケガ)があったからこそ、こうやって最後の最後まで粘れたと思います。



 萩野 公介(競泳) 男子400m個人メドレー・金

※萩野選手は、今大会で、男子200m個人メドレー・銀、男子4×200mフリーリレー・銅を獲得。



 男子400m個人メドレーを4分6秒05の日本新記録で制し、日本においてリオ五輪の金メダリスト第1号となった萩野公介選手。幼少からの親友であり、ライバルである瀬戸大也選手が3位に入り、1956年のメルボルン大会にて男子200m平泳ぎの古川勝氏、吉村昌弘氏が金と銀のワンツーフィニッシュを決めて以来、60年ぶりの日本人ダブル表彰台を果たしたことは記憶に新しいのではないでしょうか。


 約1年前の2015年7月。フランスでの合宿中、宿舎からプールに自転車で移動中に転倒。とっさに右手をついたときの衝撃で、ひじを骨折。右ひじ橈骨(とうこつ)頭骨折で全治2カ月と診断された萩野選手は翌月に控えたロシアで行われる世界選手権の欠場を余儀なくされ、「応援してくれているたくさんの方に非常に申し訳ない。調子は上がってきただけに残念。自分の甘さと反省している」と会見しました。その世界選手権で、金メダル獲得ならばリオ五輪の代表が内定。その後、リオ五輪での金メダルへ突き進む計画でしたが、欠場によって五輪への戦略も立て直すことになりました。


 それまで順風満帆だった選手人生に初めて影を落とした大ケガ。平井伯昌ヘッドコーチからは、「骨折で世界選手権に出られないのは格好悪い。でも、瀬戸に気持ちで負けるほうがもっと格好悪いし、いけないことだ」と諭されました。「ノーガッツ、ノーグローリー」(ガッツなくして、栄光なし)とのメッセージも送られてきたといいます。「金メダリストは負けられない。いちばん負けてはいけないのは自分なんだ」「弱い自分、ありのままの自分をさらけ出せ」と平井コーチ。萩野選手はリハビリとともに精神面における強化にも努めました。


 約5カ月ぶりの復帰戦は、2015年1120日から4日間行われた東京スイミングセンター(SC)での招待公認記録会。7種目中6種目で見事優勝を果たしましたが、2016年1月の東京選手権にて、調整不足の瀬戸選手に辛勝。平井コーチに「心技体の心が足りない。強く言いたい。もう許さない」と激怒される場面もありました。その後、北島康介選手と同部屋で過ごし、勝負魂を学んだ2016年3月のスペイン合宿などを経て、自身の復活を目指しました。


 2016年4月、東京辰巳国際水泳場で開幕したリオ五輪の代表選考会を兼ねた第92回日本選手権。男女の決勝計4種目が行われ、男子400m個人メドレーにおいて、萩野選手は優勝を果たし、ようやくリオ五輪出場内定を掴みました。


 紆余曲折を経て辿り着いたリオ五輪の男子400m個人メドレー。決勝前、平井コーチから「勇気を持っていけ」と送り出されると、鋭い表情で「行ってきます」と招集所に向かったそうです。


 レースは最初のバタフライで瀬戸選手がリード、萩野選手は2位。背泳ぎで萩野選手が逆転し、平泳ぎで瀬戸選手が3位に下がってしまいました。最後の自由形で全米王者である2位のケイリシュ選手(アメリカ)が肉薄してきましたが、萩野選手は見事逃げ切りました。ゴールタッチすると「(瀬戸)大也、先生、家族、いろいろな人に支えられて取った金メダル。(自分は)1人じゃないと心の底から思えた」と語りました。


 完全復活を遂げ、個人種目にて金メダルを獲得した今大会。インタビューにおいて萩野選手は「それ(1年前のケガ)があったからこそ、こうやって最後の最後まで粘れたと思います」と泳げない日々からの復活を振り返りました。


萩野 公介(はぎの・こうすけ)

1994年8月15日生まれ。栃木県出身。177センチ、71キロ。東洋大学所属。2012年ロンドン五輪400m個人メドレー・銅、リオ五輪400m個人メドレー・金、200m個人メドレー・銀、4×200mフリーリレー・銅。0歳の時から水泳を始め、小学校低学年から各年代の新記録を樹立。2013年、東洋大学進学を機に平井伯昌コーチに師事。同年日本選手権では、200m個人メドレー、400m個人メドレーで日本新記録を樹立し優勝。100m背泳ぎ、200m自由形、400m自由形も優勝し、史上初の五冠を達成。マイケル・フェルプス選手のような世界で戦えるマルチスイマーを目指していることから、和製フェルプスとも呼ばれる。



(4年間)本当に苦しいことが多かった。でも、今日の日のためにあったのかなと思う。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:10546文字/本文:12433文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次