読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1108817
0
消えた都道府県名の謎 意外と知らない「ふるさとの成り立ち」47の物語
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
鹿児島県──薩摩藩の強さが生んだ辺境をめぐるドラマ

『消えた都道府県名の謎 意外と知らない「ふるさとの成り立ち」47の物語』
[著]八幡和郎 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 宮崎県の項でも説明しましたが、薩摩藩の領域はかなり宮崎県にもありました。ただ、消えた県というと、県境の再編の狭間で生まれたものがあるだけです。


 島津氏の祖とされる島津(ただ)(ひさ)(これ)(むね)()(そん)(はた)氏の本流が平安時代に賜姓されたもの)を名乗る公家で、その祖母が源頼朝の乳母だった縁で頼朝から薩摩国、大隅国、日向国((おく)(さん)(しゅう)ともいいます)の守護に任じられました。


 島津氏は室町時代になって頼朝の()(らく)(いん)を称し始めましたが、真偽は確かめようもありません。公的には頼朝の子孫として認められ、鎌倉にある頼朝の墓も江戸中期に島津(しげ)(ひで)が幕府に許可されて建立したものです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1313文字/本文:1643文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次