読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1108991
0
江戸全170城 最期の運命 幕末・維新の動乱で消えた城、残った城
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
維新の波間に消えた近畿の名城──滋賀、三重

『江戸全170城 最期の運命 幕末・維新の動乱で消えた城、残った城』
[著]八幡和郎 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:17分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

【番外】近江(おうみ)国 ()(づち) 滋賀県近江(はち)(まん)



 安土城は(ほん)(のう)()の変で焼けて廃城になったという誤解があるが、織田信長の孫(さん)(ぽう)()(まる)(のちの(ひで)(のぶ))の居城として再建され、賤ヶ岳の戦いの翌年には年賀の儀もここで行われた。このときに豊臣秀吉と信長の次男信雄が対立して戦いが始まったため、秀吉は三法師丸を()()(なが)(ひで)の居城だった(さか)(もと)城(滋賀県大津市)に移した。そしてこの地の領主となった豊臣秀次は隣の八幡城に城を移した。このころ()()(がわ)のもたらす砂で安土の港湾機能が劣化していたのが最大の理由と考えられる。


 その後も信長の城を完全に破壊することは(はばか)られたのか、また城の一部をなしていた(そう)(けん)()(けい)(だい)とされたことから、石垣は比較的そのまま現代にいたるまで残されている。昭和になって西武グループ総帥の堤康次郎や(たけ)(むら)(まさ)(よし)知事(のちに官房長官)が天守閣の再建を志したことがあるが、たしかな資料がないと文化庁に反対され、狩野永徳が描いてローマ教皇に贈られた画が見つかることに期待がかけられている。ただ、発掘調査は飛躍的に進み、まっすぐ天守閣に向かう(おお)()(すじ)の階段などが復元、修理された。


 安土の城下町が消えてしまっているのは近江八幡にすべて総ざらいで移ったためで、たとえば女装することで知られる「()()(ちょう)まつり」は安土で信長自身が参加したものだ。八幡城は京極高次が大津城に移って廃城になったが、城下町は江戸時代にも栄えた。


044──近江国 (ひこ)() ()()家 滋賀県彦根市 三五万石



 戊辰戦争で彦根藩は幕府方で戦ったと思っている人が多いが、じつは鳥羽・伏見の戦いから官軍の主力として戦い、(こん)(どう)(いさみ)を逮捕したのも彦根藩だ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7426文字/本文:8286文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次