読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1109162
0
昭和プロレス正史 上巻
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
力士・力道山の新弟子時代

『昭和プロレス正史 上巻』
[著]斎藤文彦 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 本章のしめくくりとして小島貞二さんが力士・力道山の新弟子時代のエピソードをつづったエッセーを紹介する。小島さんの著書『力道山以前の力道山たち』(1983年初版刊行)は、東京スポーツ新聞社発行の月刊タブロイド版『ザ・プロレス』に「日本大レスラー伝」(1979年1月~1980年7月)として連載された読み物を中心に、こぼれたエピソードを書き足して1冊にまとめた作品で、取り上げているのはおもに力道山以前に活躍した日本人プロレスラーたちだが、プロローグにはやはり力道山との思い出について記している。小島ナラティブからの引用を“結びの一番”としたい。


小島ナラティブ

力道山の新弟子時代はこうだった


 私の書斎には、プロレス関係の古いスクラップ・ブックが、山のようだ。


 はじめは、力道山という一人の力士が、相撲をやめ、プロレスという名の、外国の格闘技に転向したという記事を張り込んだが、だんだんだんだんふくらんで、とほうもない量になってしまったのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3358文字/本文:3779文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次