読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1109216
0
ニュートリノ
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
水チェレンコフ検出器

『ニュートリノ』
[著]多田将 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ところで、図29の艦艇がつくる波の画像では、艦艇のすぐ近くでは見事な白波が立っていますが、少し艦艇から離れると、すぐに消えてしまっていますね。これは、波が減衰するからです。ニュートリノとの反応によって生じた荷電粒子がつくり出したチェレンコフ光も、周囲がその光を減衰させるようでは、すぐに消えてしまって、うまく検出できません。そこで、このチェレンコフ光を利用した検出器では、標的本体は光を減衰させないように透明である必要があります。そして、本章の最初にお話しした、単価が安く大量に集められるもの、という条件を加味すると、そう、皆さんに取って最も身近な物質がこれに相当するのです──水です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1346文字/本文:1640文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次