読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1110293
0
偏差値30でもケンブリッジ卒の人生を変える勉強
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
エピローグ

『偏差値30でもケンブリッジ卒の人生を変える勉強』
[著]塚本亮 [発行]あさ出版


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

イギリスで就職するか、それとも日本に帰国するか、大学院卒業後のライフプランは、僕の頭を悩ませる大きな問題でした。


在学中から、ケンブリッジ大学のコースメイトはもちろん、EFで出会った友人たちは、みな日本では耳にしないような、個性的な将来の夢を語っていました。例えば、教師の地位向上のための組織をつくる、自国に初めて水道設備を導入する等々。それに比べると、旅に出る、研究を続ける、ボランティア活動を行う、起業するといった、僕がイメージするような夢は、すごく普通であるように感じられました。


彼らに共通していたのは「自分が社会から必要とされる人間になれば、生きていくことができる」という信念でした。

結局、そうした考え方に触発され、僕は日本に帰国して、京都で自分の語学学校「ジーエルアカデミア」を設立することになります。


学校では、特に、海外の大学や大学院に留学したい人のサポートに力を入れていて、毎年100名ほどの生徒さんが、母校でもあるケンブリッジ大学など、世界のトップ大学・大学院へ、合格しています。

また、大学や学校からもお声掛けいただき、IELTSや留学に関する講座やセミナーなどを開催しているほか、Jリーグのチームや企業などでも、英語の研修をさせていただくなど、ありがたいことに、海外へ目を向けている多くの方たちと、毎日、触れ合う機会を持つことができています。


もっとも、僕自身、海外がすべてだと思っているわけではありません。イギリスであらためて強く感じたのは、日本の素晴らしさだったからです。半面、日本の魅力に気づくことができたのも、外側から、自分の国を見ることができたからだと思います。だからこそ、多様な価値観や生き方に触れること、そのような環境に身を置くことが大切だと思います。

そして、そうやって自分の視野を広げてくれるものが、勉強だと思うのです。

本書の最初で、勉強は、新しい自分に会うための旅だと書きました。

勉強によって僕は、自分に自信をもつことができました。新しいステージに進むことができました。成長することができました。


テスト勉強だけが、勉強ではありません。ここまでご紹介してきたように、勉強にはさまざまな形があります。

大切なのは、自分の可能性が広げられると感じたものに、目標とプロセスを明確にして、取り組むことです。

もちろん、その過程では、つらく感じることもあるでしょう。意味を感じなくなってしまうこともあるでしょう。ですが、その思いを振り切って、取り組み続けた勉強は、決して自分を裏切ることはありません。

あのときの苦しみがなかったら今の自分はないと、振り返る日が必ずやってきます。ぜひ、そう信じて踏ん張ってみましょう。一線を越えるときは、もうすぐそこまで来ています。

人生はオセロのようなものだと思います。

今の自分が失敗ばかりで黒い石の積み重ねのように感じていても、いつか白い石を置くことができれば、すべての石が白にひっくり返るのです。そんな自分を信じることが、足を前に進める原動力です。そして、誰もがその可能性を秘めていると思うのです。


そのために、人生を変える勉強を始めませんか。

ここまでお読みくださり、まことにありがとうございました。

皆様がなにか行動を起こすきっかけになれば、このうえない幸せです。


末筆となりましたが、本書の執筆にあたっては、ブリティッシュ・カウンシルの安田智恵様、乾智様、トム・メイーズ様、日本英語検定協会の大屋雅史様、森岡亜紀様、イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパンの中村淳之介社長をはじめとするイー・エフの皆様、HULTの三津梢様、神田瀧夢様、キャリアぷらっトフォームの田辺拓也社長に多くの知見を授けていただきました。心より御礼申し上げます。

これまで僕の人生に影響を与えてきてくださった皆様、友人のみんな、西垣皓太君をはじめスタッフの皆様、そして家族にも感謝を申し上げます。

なかでも、この本を読むことを楽しみにしていながらも、桜が大きく花を咲かせるころ、天へと旅立って行った祖父に本書を捧げます。


塚本 亮

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1677文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次