読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1110512
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「残念だ、ジョンが死んだ」

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 リチャード・スターキーはガールフレンドの女優、バーバラ・バックとバハマ諸島の貸家で飲んでいたとき、秘書のジョアン・ウッドゲイトから連絡を受けた。「ジョンが怪我をしたという電話を何本かもらったんだ」と彼はふり返っている。「そのあと、今度は彼が死んだと聞かされた」


 残されたビートルたちの中で、最初にこのニュースを知ったのは彼だった。「ジョンはオレの親友だったし、彼の奥さんとも友だちだ。それであんな話を聞かされると……」。恐怖心が、外界から身を護る壁となっていたアルコールの麻酔のような靄を突き破った。「なにもせずに、どうしたらいい? と考えている場合じゃない。とにかく……なんとかしなきゃならなかったし、ニューヨークに行くしかなかった」


 スターキーはまず、イギリスにいた先妻のモーリーン・コックスに電話をかけた。彼女の家に泊まりに来ていたシンシア・レノンは、絶叫に眠りを破られた。数秒後、寝室に飛びこんできたコックスが彼女に告げた──「シン、ジョンが撃たれたの。リンゴからの電話よ。あなたと話したいって」。シンシアが電話に駆け寄ると、男の泣き声が聞こえてきた。「シン」、スターキーはすすり泣いた。「残念だ。ジョンが死んだ」。彼女は受話器を取り落とし、罠にかかった動物のように咆吼した。


 ジョージ・ハリスンの姉のルイーズは、フロリダ州のサラソータで床についた直後、友人からの電話でTVをつけるように指示された。「最初に思ったのは、ジョージになにかあったんじゃないかということでした」と彼女はふり返っている。「ニュースを知ったとき、わたしはふたつの感情に襲われました──ジョージは大丈夫だったという安堵の念と、ジョンの身に起こったことに対する恐怖心です」。彼女はすぐさまフライアー・パークの弟に電話をかけようとした。ロンドン郊外のヘンリーに立つ、ありえないほど広大なゴシック調の邸宅である。だがだれも出なかった。

「あのころは電話を、階段の下に置いていたんです」と彼女は回想している。「そのせいで気が散るのを、ジョージは嫌がっていましたから」。それから二時間、彼女は何度も電話をかけ直したが、聞こえるのはいつまでも止まらない弱々しい呼び出し音だけだった。


 銃撃から一時間がすぎたイギリス時間の午前五時ごろ、BBCはついにニュースを全世界に送り届けようとしていた。プール湾を見下ろす自宅で、七四歳のミミ・スミス──ジョン・レノンを六歳のころから育ててきた彼の伯母──は、BBCワールド・サーヴィスのラジオ番組が奏でる心地よいドローン音を夢うつつで聞いていた。


 甥には九年間会っていなかったが、その二日前に、新年になったらイギリスに帰るという電話を受けたばかりだった。自分が起きているのかもはっきりしないまま、彼女は彼の名前を聞き、ラジオのアナウンサーがレノンについて話していることに気づいた。そのとたん、子ども時代の彼にさんざん味わわされた思い──「今度はなにをしでかしたのかしら?」──がよみがえり、そんな彼女にアナウンサーは、ずっと抱いてきた懸念が現実になったことを知らせた。彼女はひとりベッドに横たわり、心の中から希望と喜びが消えていくのを感じながら、じっとラジオに聞き入った。


 その一時間後にルイーズ・ハリスンはフライアー・パークへの電話をあきらめ、末弟の家の門番小屋で暮らす弟のハリーを起こした。「わたしはあいさつもそこそこに、ジョンが撃たれたことを伝えました」と彼女はふり返っている。「ハリーは朝のこんな時間にジョージを起こしても意味がないと言いました。彼にはどうしようもないことだったからです。『朝飯のあと、郵便物を持っていったときに教えるよ』と言っていましたね」


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1536文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次