読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110519
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
三人のビートルとひとりの聖人

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 個人的な面でも、創造的な面でも、ビートルズが完全に平等だったことはない。だが全員に関わってくる問題に関しては、四人の意見が同等の重みを持っていた。しかし早くも一九六八年の段階で、レノンはこの四人組に五番目の要素を導入していた。パートナーの実験映画作家兼アーティスト、ヨーコ・オノである。


 彼はまず、ビートルズの仕事の現場に彼女を同席させたいと主張した。次に彼はグループを捨て、もっぱら彼女と共作をするようになった。そして最後に息子のショーンが一九七五年一〇月に誕生したことを受け、ビジネスがらみの会議や契約の交渉を彼女に一任するという重大な決定を下した。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2171文字/本文:2449文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次