読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110537
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ニューヨークでの大言壮語

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 アップルの構想の中でもとりわけ浮世離れしていたのが、イギリスの大衆から、音楽、詩、アートを直接募集するというものだろう。そうすればビートルズの成功を遅らせた官僚主義を回避することができる、と彼らは考えていた。


 ポール・マッカートニーは無名の才能に、自分たちの作品をベイカー・ストリートにあるアップルのオフィスまで送るようにうながす一連の広告を考案した。「もしきみがシンガーなら、ぼくらのためにうたってくれ」とマッカートニーは書いた。「もしきみが作家なら、ぼくらのために書いてくれ。ぼくらにテープと写真を送ってほしい」


 会社の理念はいたって単純だった──「重要なのは楽しむことだ」。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2150文字/本文:2441文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次