読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110558
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
イーストマンVSクライン

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 翌日、レノンはアップルに姿を見せ、同僚たちにぜひともこの男と会うべきだと告げた。すばらしい男だし、この男なら彼らの問題を、すべて解決してくれるだろう。だがことはそう簡単ではなかった。少し前にクライヴ・エプスタインから、ビートルズが一〇パーセントの株を所有する兄の会社、NEMSを売却したいという話が来ていたのだ。


 マッカートニーはイーストマン親子に意見を求め、ビートルズはNEMSを完全買収するべきだ、とアドヴァイスされていた。そうすればレコードの売り上げに対する歩合を、この会社に支払う必要もなくなるからだ。だが買収の資金はEMIから借りなければならない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1819文字/本文:2099文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次