読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110569
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
契約の金銭的な影響

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 グループが異議を唱えたのは、クラインがもっとも身近な側近ふたり、ニール・アスピノールとマル・エヴァンズを追放しようとしたときだけだった。だが実のところクラインは、今やビートルズと彼らの帝国を管理しているのは彼だという、一般の認知をほしがっていた。一九六九年の四月末に、彼は正式な合意書の草稿を作成した。ビートルズの法律顧問のひとりは、どんなアーティストでもこんな契約に署名することなどありえないと語ったが、彼はクラインに対するレノンの思い入れの強さを、計算に入れていなかった。


 その契約は、「ビートルズおよびビートルズのグループ会社」を代表して──このフレーズはじきに、大きな法的論議を呼ぶことになる──ABKCO(クライン自身というより彼の会社)をアップル社の「独占的なビジネス・マネージャー」に任命していた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2636文字/本文:2993文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次