読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110594
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
秘密裏のレコーディング

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 スターキーがその晩、レノンとハリスンとともにステージに立っていても、さして不思議はなかっただろう。だがマッカートニーに声がかかることは、決してなかったに違いない。契約の内容には満足していたにもかかわらず、マッカートニーは依然として、クラインや同僚たちから距離を置きつづけていた。ひそかにソロ・アルバムのレコーディングを開始した彼は、アップルの腹心たちに、決してレノンには知らせるなと厳命していた。


 その月、ニューヨークでは朝のまだ早い時間にクラインに電話をかけた彼は、(クラインの主張によると)「わたしに新聞のインタヴューを受けるなとか、自分の義理の家族のことは放っておいてくれ、といった内容の話をした」。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2175文字/本文:2479文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次