読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110606
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「優秀なPRマン」

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 アレン・クラインは木曜日にロンドン入りしていた。彼はその翌日、アップル・フィルムズ・リミテッドの取締役会で、ユナイテッド・アーティスツのイギリス支社からやってくる重役たちと会見する予定だった。ジョージ・ハリスンも取締役のひとりとして出席し、ポールもやはり、同席する意向を見せていた。アップルとユナイテッド・アーティスツのあいだで結ばれた契約に対する疑念を、俎上に載せたいと考えていたのだ。しかしマッカートニーはその日のうちに、やはり会議には出席しないとアップルに伝えた。自分の敵が撤退した理由をクラインが知るのは、その翌朝、ビートルズ解散の記事が新聞各紙を飾ったときのことだった。


 木曜の午後にマッカートニーは、ヤノフのセラピーを受けていたレノンに電話をかけた。「ぼくもきみのやったことをやるよ」と彼は同僚に告げた。「アルバムを出すんだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3217文字/本文:3587文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次