読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110610
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「いつでもみんなのところに戻れるだろう」

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 いずれにせよ、彼がもっとも話を聞いてほしかった相手は、散り散りになっていた。リチャード・スターキーとの関係は、三月三一日の対決によって損なわれていた。ジョン・レノンとヨーコ・オノは原初療法三昧の夏を送るために、四月末にロンドンからロスアンジェルスに向かい、その間は実質的に、アップルやビートルズやその従者たちの議論とは縁を切っていた。ハリスンもボブ・ディランと仕事をともにするつもりで、同じ飛行機に乗った。


 出発の直前に、マッカートニーからヘンリーにいたハリスンのもとに電話が入り、彼の回想によると「フン族のアッチラみたいな勢いで怒鳴りつけてきた。思わず受話器を耳から離してしまったよ」。またしてもマッカートニーは感情に負けて、自分の判断を揺るがせてしまったのだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2685文字/本文:3018文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次