読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110630
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
四人の供述

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 マッカートニーの訴訟で被告とされた三人のビートルは、だれひとり法廷に姿を見せなかったが、原告はジョン・イーストマンの説得を受けて出廷した。「のるかそるかの局面だと思ったんだ」とマッカートニーは回想している。「実際にもそうだったし。ビートルズの財産が危険にさらされていた。ぼくのだけじゃくて、ほかの三人のもだ」


 二月一九日、彼はダーク・スーツにノーネクタイという出で立ちで第一六号法廷に足を踏み入れた。これはおそらく一〇代の反逆を、自意識過剰気味によみがえらせていたのだろう。レノンはかつてこう指摘していた。「たとえばほとんどまともに見えるのに、片耳だけ青く塗ってあるというのが、ポールの考える異端なんだ」

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2527文字/本文:2830文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次