読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110638
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
傷つけ合うための曲

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 アルバムの発売は、この騒ぎにケリがつくまで延期されるかに見えた。だが攻める側も攻められる側もすぐに、そんな真似をしたら損をするだけだと気づいたため、予定通り発売された。派手さのなかったデビュー・アルバムと異なり、《ラム》はビートルズの消滅以降も、マッカートニーの曲作りの才がいっさい衰えていないことを証明する作品だった。きらびやかなオーケストラを配し、長年、彼のトレードマークとなってきた遊び心あふれる活気を前面に出したアルバムは、たっぷりと楽しめる作品で、ポップ・アレンジの極致とも言うべきミニ組曲(〈バック・シート〔The Back Seat of My Car〕〉)でクライマックスを迎える。けれども感情的な誠実さをたたえたレノンやハリスンの作品に比べると、《ラム》は軽量級で中身がない、無意味な作品という印象を与えた。


 レノンの最初の反応は、「なんてこった、こいつはひどすぎる。もう一枚のアルバムのほうが、ある意味、全体的に出来はよかったと思う。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3580文字/本文:4008文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次