読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110651
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ニクソン政権の監視

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 レノン夫妻は突然、より急を要する問題に見舞われた。ふたりは一九六九年と一九七一年の即興的なパフォーマンスを収めたアルバムを、《ライヴ・ジャム(Live Jam)》、あるいは《ロンドン・エアニューヨーク・ウィンド(London Air & New York Wind)》なるタイトルでリリースしたいと考えていた。しかしアレン・クラインは、そのアイデアに強硬に反対した。一九七二年の春にレノン夫妻が政治的な曲を集めたアルバム作りを開始したときも、彼は同様に憮然としていた。


 クラインはその理由を説明した。彼らがキャピトルと結んだ契約の条項によると、四人のビートルたちに二度目の印税率アップが認められるのは、一九七二年の秋までにリリースした最新のアルバム二作が、いずれも五〇万枚以上の売り上げを記録した場合に限られていたのだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1710文字/本文:2076文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次