読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110668
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
無数の訴訟

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 一九七三年におけるレノンの「責任」はまず、かつてのマネージャーが連発する訴訟に対応することだった。六月一六日にABKCOは、アレン・クラインが貸した金の返却を求めてジョージ・ハリスンを訴えた。二日後、レノンはメイ・パンをABKCOのオフィスに送りこみ、クラインが一九六九年以来ためこんでいた、数十本におよぶアップル作品のマスター・テープを回収させた。夏のあいだ、レノンとクラインは友好的に手紙を交わし、レノンはそのひとつに「愛をこめて、ジョン、アップル・レコード社長(の器じゃない!)」と署名している。


 その間にクラインは、レノンとアップルに対する訴訟を連発した。同社のアメリカにおける子会社のひとつに、二二万六〇〇〇ドルの債務返済を求める訴訟。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2528文字/本文:2852文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次