読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110675
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
名声のツケ

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 業界のほうはまだ、彼──あるいはビートルズ──に別れを告げるつもりなどさらさらなかった。興業主たちは相変わらず、四人組の名前から得られる数百万ドルの夢を見ていた。一九七四年の六月には、プロモーターのビル・サージェントがとてつもないコンサートの企画をぶち上げた。それはビートルズを再結成させるばかりか、ボブ・ディランとローリング・ストーンズも同じスタジアムのステージに立たせ、同時にクローズサーキットTVの全世界中継で、四〇〇万人の視聴者にその経験を共有させるというものだった。


 彼はチケットの売り上げに対する前払い金として、ビートルズに一〇〇〇万ドルの小切手を切ると確約した。しかしその程度ではまだ、アレン・クラインの要求額には届かなかった。それなりに新奇なプランだったので、ビートルたちも一応は検討したものの、その後の申し出はすべてその場で却下されてしまう。サージェントのプランにとどめを刺したのはマッカートニーだが、ほかの三人もだれひとり、彼を翻意させようとはしなかった。


 一九七四年の一一月には《サージェント・ペパー》の舞台化のひとつがブロードウェイに進出し、レノンはメイ・パン同伴でプレミアに出席した。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4157文字/本文:4663文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次