読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110689
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
愛すべき巨漢の死

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 一九七六年一月二六日、EMIレコードとビートルズのレコーディング契約が失効し、ジョージ・ハリスンはその翌日、AMレコードの傘下にあった自身のダーク・ホース・レーベルに移籍した。三月にはリチャード・スターキーがポリドール(ヨーロッパとイギリス)およびアトランティック(北米)と契約する。これはギリギリのタイミングだった。財政的な悩みを抱えていた彼には、将来の印税をかたにして、大金を借り入れる必要があったからだ。


 マッカートニーはEMIへの残留に合意したが、再交渉の結果、印税率はかなり引き上げられていた。レノンによるとマッカートニーは、ビートルズのカタログに関しても印税の増額を約束されていた──ただし彼がグループを再結成させ、EMIと契約させることに成功した場合に限って。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1628文字/本文:1967文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次