読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110750
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
入り組んだ迷路

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 アップル帝国は二〇世紀の最後の一〇年間を盤石の構えで迎え、ニール・アスピノールは相変わらず、細かなところまで目を光らせながら、だれが相手だろうと一歩も退くことなく、この会社の業務を管理していた。会社の理念は今や、設立当初に掲げられた指針の対極に位置していた──ただしもともとアップルが独創的な節税対策として構想されたことを、覚えていなければの話だが。


 個々のビートルの代理人は、依然として取締役会のメンバーたちが務めていた。ヨーコ・オノ・レノン、ジョン・イーストマン(この年に八一歳で亡くなる父親リーの後任)、デニス・オブライエン、そしてヒラリー・ジェラードという顔ぶれである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1823文字/本文:2113文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次