読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110768
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「マッド・ミック」の襲撃

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 プライヴァシーに対するハリスンのこだわりは、かなり前からフェティシズムの域に達していたが、一九九九年一二月に起こった一連の事件は、そうした彼のパラノイアが、決して根拠のないものではなかったことを証明する。一二月二三日、クリスティン・ケレハーという若い女性が、マウイにある彼の家に侵入した。彼が、二〇年近く外部の目に触れさせまいとしてきた住居である。


 ハリスン一家は不在だったが、警報システムを発動させてしまったケレハーは、冷凍ピザを腹に詰めこみながら、やってくる警官たちを待った。三〇日に出廷した彼女は、四か月の実刑判決を受けた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2023文字/本文:2289文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次