読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1110772
0
ザ・ビートルズ 解散の真実
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「ピース&ラヴ」

『ザ・ビートルズ 解散の真実』
[著]ピーター・ドゲット [訳]奥田祐士 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 リチャード・スターキーに、そういうはっきりとした役割はなかった。ビートルズの解散後、二〇年にわたってアルコールとドラッグの靄の中に安穏としてきた彼の生活は今や、素面さを保つための努力と、習慣となった仕事で埋まっていた。「オレはようやく、ずっと嫌っていた連中とおんなじになれたんだ!」と彼は一九九〇年に、友人のひとりに冗談を飛ばしている。


 そこにはもっと暗い側面もあった。彼にとっては大いに喜ばしいことに、ビートルズが再結成を遂げ、けれどもまた解散してしまった今、上出来だが刺激のない復帰第二弾、第三弾のアルバムが大衆に広く無視されてしまった今、ウィリー・ネルソン、マール・ハガードと結成する予定だった「スーパーグループ」が実現せずに終わった今、新たなレコード・レーベル(パンプキンヘッド・レコード)を設立し、だがこれといった実績を残せずにいる今、五代目、六代目のオール・スター・バンドが、前回のツアーと同じ会場を満員にしている今、その先にはいったいなにが残されているのだろう?

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2293文字/本文:2732文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次