読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1111040
0
わが青春のマジックミラー号 AVに革命を起こした男
2
0
2
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
AV監督は“なんでも屋”

『わが青春のマジックミラー号 AVに革命を起こした男』
[著]久保直樹 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ


 私のキャリアはテレビの報道番組から始まり、バラエティー、ドラマ、Vシネマ、CM、ミュージッククリップ、映画、そしてAVと、「映像作品」と呼ばれるものは、ほぼすべて経験してきた。そんな私だからこそ断言できる。


 1本のAVが店頭に並ぶまでの工程は、いわゆる一般作と変わらない。


 どんなテーマでも映像作品であるかぎり“カメラで被写体を撮り編集する”ことに変わりはないのだ。


 まず、AVが店頭に並ぶまでの工程は次のとおりである。


 ①企画立案 ②構成作成 ③キャスティング ④ロケ準備 ⑤ロケ(撮影、演出) ⑥編集 ⑦パッケージ制作 ⑧納品出荷 ※①~③は状況により前後する


 これらの工程は、職種(パート)によって関わり方の密度が変わってくる。


 たとえば、演出家は企画の立案をすることはあるが、企画を立ち上げるための資金繰りやキャストの交渉、タイアップや協賛の確保といった仕事はしない。それはプロデューサー、つまり制作パートの役割だ。


 しかしAV──特に制作メーカーの場合、監督がプロデューサーも兼ねている場合が多く、もっというなら監督はカメラマンも男優もこなす、“なんでも屋”であることも珍しくない。“ハメ撮りもの”などは典型的な例だろう。


 そのため、AV監督として「売れるAV」を作るには、この①~⑧までの工程をひととおり学んでおく必要がある。


 一見、複雑そうに思えるが、前述したように映像作品はすべて“カメラで被写体を撮り編集する”ものである。


 AVでいえば、「自分が立ち上げた企画で、自分がSEXしているところを自分で撮影し、その素材を自分で編集する」場合があるということだ。


 それでは各工程を細かく見ていくことにする。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:0文字/本文:710文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次