読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1111068
0
わが青春のマジックミラー号 AVに革命を起こした男
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
SOD追放!

『わが青春のマジックミラー号 AVに革命を起こした男』
[著]久保直樹 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 セルAVメーカー「ソフト・オン・デマンド」(SOD)が1995年に設立され、『全裸スポーツ』シリーズで大ヒットを飛ばした。


 続く『地上20メートル空中ファック』の失敗で会社の存続が危ぶまれたものの、1996年に発進した『マジックミラー号』がその窮地を救うことになったのは、第1章でも書いたとおりである。


 私もその後はフリーのディレクターとしてSODの企画・作品に参加しながら、テレビ番組制作の仕事も請け負い、映画監督への夢も薄れつつあった。


 ところが1997年、そんな私を大事件が襲う。なんと、突然SODを追放される事態に陥ってしまったのだ!


 某SOD作品に関する出来事だった。私はテレビの仕事があるため、「この日のロケはNG」であることをプロデューサーに伝え、ロケには行かなかった。


 するとどういうわけか、がなりさんが怒っているという話が伝わってきた。


 この時、プロデューサーを務めていたのは、サダージ深野という男である。


 そう、あの『空中ファック』の撮影現場で、なぜかがなりさんにボコボコに殴られていたサダージ深野だ。


 なんと彼が、私は「この日のロケはNG」と伝えていたことを忘れ、撮影当日がなりさんに「久保が来ない。この作品の監督なのにロケ現場に来ないので、撮影を飛ばしました(キャンセルした)」と伝えたのだという。


 いやいや、私はロケに行けないことは、サダージ深野さんだけでなく、アシスタントプロデューサーやADも、事前にそのことは把握していたはずである。


 しかしスタッフは全員、がなりさんが怒り始めると怖いから、誰もその事実を伝えず黙っていた。


 そうなれば、当然がなりさんは怒るに違いない。結果、「マメゾウ(私の監督名)は出入り禁止だ!」と言い出し、さらに後日、私のもとに「今後は一切SODと関わらないでくれ」という内容証明が届いた。


 なんと私は、こうしてワケもわからないままSODを追放されてしまったのだ。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:810文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次