読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
100
kiji
0
0
1111119
0
会社は「環境整備」で9割変わる!
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
物的環境整備に取り組む

『会社は「環境整備」で9割変わる!』
[著]矢島茂人 [発行]あさ出版


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 すべての基本となるのは、「物」の環境整備です。


「健全な身体に健全な精神が宿る」と言われます。


 会社にとって「身体」とは、建物をはじめとした「物」の部分です。


 ですから、3つの環境整備の中で、まず物的環境整備ありきです。


 せっかく物的環境整備という原理原則を知り、実践にまでこぎつけたのに、挫折する会社は少なくありません。


 これは、環境整備の手順に問題があります。


 環境整備の手順は、次の4つの順序で行う必要があります。


①整理


②整頓


③清掃


④清潔


「整理」とは、捨てることです。必要な物と不必要な物とを分け、徹底的に捨てましょう。



 私はセミナー等で日本全国さまざまな会社の、さまざまな「現実」「現場」「現物」を見て回っています。ですが、ほとんどの会社・工場・店舗は、物的環境「不」整備の状態です。倉庫はもとより、引き出しもキャビネットも、ぐちゃぐちゃになっている会社が少なくありません。


 そういう状況では、「必要か不必要かを判断して、不必要なら捨てて……」というやり方をしていては、整理は進みません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3440文字/本文:3888文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次