読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1111578
0
ビジネスの9割は集中力で決まる!
2
0
1
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 「リラックスした集中」が望む結果を生む

『ビジネスの9割は集中力で決まる!』
[著]森健次朗 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ

『集中力』というと、眉間にシワを寄せて肩に力を入れて、何かに意識を向けるというイメージをお持ちの方が多数いらっしゃいます。


 普段からずっと緊張していると疲れてしまうことは容易に想像できますし、その状態は長くは続きません。



 私が15年間、スポーツメーカーに所属し、その間に関わってきた一流アスリート達は、緊張する本番ほど、「リラックスするコツ」を実践していました。


 例えば、音楽を聴いたり、深く帽子を被り自分の世界に入ったりなど、選手はそれぞれの方法を自分なりに実践していたように思います。



 この章でお伝えしたいことは、集中するためには、彼らと同レベルの「リラックスするコツ」が大切だということです。



 現在、私は、全国の企業や学校で講演や研修をさせていただいております。


 例えば、建設や電気などの製造業や、銀行、生命保険や大手百貨店などの金融サービス業、中学高校などの教育機関など様々です。


 どこに伺っても共通して言えるのは、職場や教室へ毎日緊張して通い、多くのストレスを抱えている人が増える一方だということです。



 ぜひ、一流アスリート達の「リラックスするコツ」を体得して、毎日、心も身体もベストな状態で会社や学校へ通っていただきたいということです。



 私は、「リラックス」と「集中」が振り子の原理の関係であり、常にどちらも大切であり、「リラックスした集中」状態であれば、自然と能力を発揮できるように思います。



 この関係について、『本番に強い脳と心の作り方』(苫米地英人著、PHP新書)にわかりやすく記述されていますので、引用させていただきます。


リラックスしている時、人間の神経は副交感神経優位になっています。その後、アドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンが分泌されて緊張状態になると、交感神経優位へと変わります。

この交感神経優位の状態でさらに心身に負荷をかけると、神経伝達物質の一つで、『脳内麻薬』とも称されるベータエンドルフィンが分泌され、苦痛を忘れるほどの高揚状態がもたらされます。

(中略)

交感神経優位の状態は、ゴールをしたり、ボールを打ったりする瞬間まで続きます。

(中略)

それらが達成されたあとには、アドレナリンやドーパミンを抑制するためにセロトニンが一気に分泌されて、副交感神経優位のリラックス状態に戻ります。



 この表現は、身体のハードな動きを伴ったスポーツの場面で理解しやすいのでご紹介しました。


 ビジネスの現場でも、身体内部でこのリラックスと集中の緩やかなサイクルが同じように起こり、快の感情や意欲を促すドーパミン、精神の安定をはかるセロトニンなどの神経伝達物質、「闘争か逃走」の時に出るアドレナリンや、不安、恐怖、覚醒を引き起こすノルアドレナリンなどの内分泌物質が深く関わっています。



 感覚的にこの仕組みを理解している一流アスリートは、緊張状態になった時、意識的に息を吐き、リラックスするようにしています。


 なぜならば、唯一、呼吸が自律神経の交感神経から副交感神経優位に動かせるコツだからです。



 また、彼らは、普段からリラックス状態を保っているため、実際、筋肉を触ってみても柔らかく「ふにゃふにゃ」とした感じなのですが、筋肉に力を入れてもらうと、「カチカチ」状態になります。この柔らかさと硬さを自在に操れるのも、緊張の場面で「リラックスした集中」状態を保てるからでしょう。



 ぜひ、全国のビジネスマンやOL、学生の方々にこの仕組みを理解していただき、「リラックスした集中」状態で日々を過ごしていただきたいと思います。



この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:1465文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次