読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1111713
0
マイルス・デイヴィスとジミ・ヘンドリックス 風に消えたメアリー
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
転換点としての1957年

『マイルス・デイヴィスとジミ・ヘンドリックス 風に消えたメアリー』
[著]中山康樹 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 12インチのLPレコードとして発売された『クールの誕生』には、ギルが編曲を担当した《バップリシティ》と《ムーン・ドリームズ》が収録されている。革命の知恵袋としては少ないように思える。しかもギルはスタジオ録音に立ち会っていない。これらの点に関してギルは次のように(じゅっ)(かい)している。

「当時、私は病身の母親に会うためにカリフォルニアに行くことが多かった。それにあのセッション(のちの『クールの誕生』)のアレンジは分担制だった。私はアレンジを書き上げ、それをマイルスに渡してカリフォルニアに向かった。マイルスはその楽譜を見ながらレコーディングした。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1569文字/本文:1847文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次