読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1111817
0
自由民主党の深層
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
歴史認識は客観的事実が出発点

『自由民主党の深層』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 自民党は、平成二七年一二月二二日、明治以降の歴史を研究する新組織「歴史を学び未来を考える本部」の初会合を党本部で開いた。本部は、安倍晋三総理(党総裁)の直轄機関で、有識者を招いて連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)による占領政策や現行憲法の制定過程なども含め、明治維新以降の日本の歴史を研究する。


 このことについても稲田は語る。

「私は弁護士時代から、客観的な事実をしっかりと世界に発信していこうと主張してきました。韓国や中国との間に横たわる歴史認識問題では、あまりにも多くの噓が流布しています。党内に総裁直轄の『歴史を学び未来を考える本部』を立ち上げたのは、国会議員も『世界の中の日本』という視点から歴史を学び直す必要があると思ったからです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1598文字/本文:1920文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次