読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1111853
0
自由民主党の深層
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
福田政権誕生──三里塚闘争の果ての成田開港

『自由民主党の深層』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 昭和五一年一二月二四日、衆参両院本会議での首班指名選挙をひかえて、福田派の森喜朗は心配でならなかった。すでに一二月一七日、総選挙敗北の責任をとって三木武夫総理は退陣を表明していた。それを受けて、一二月二三日、自民党両院議員総会で、福田赳夫は新総裁に選出されていた。


 森の心配したとおり、この日の投票は手に汗握るものであった。


 福田への票は、なんと過半数の二五五票にわずか一票多いだけの二五六票であった。以下、社会党の(なり)()(とも)()委員長一二二票、公明党の(たけ)(いり)(よし)(かつ)委員長五五票、民社党の春日(かずが)(いつ)(こう)委員長二八票、共産党の()(さか)(さん)(ぞう)議長一九票、新自由クラブの(こう)()(よう)(へい)代表一八票、白票二票、無効が八票であった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2489文字/本文:2859文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次