読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1111864
0
自由民主党の深層
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
創政会旗揚げの攻防

『自由民主党の深層』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 創政会の旗揚げ総会の開かれる二月七日ぎりぎりまで、田中の切り崩しはつづいた。


 二月六日夜、赤坂プリンスホテル旧館一二階の一室は、異様に緊張した雰囲気に包まれていた。


 衆議院予算委員会の審議を終えて夜の七時すぎにここに顔を出し、部屋の真ん中の椅子に陣取った竹下登は、めっきり白髪の多くなった童顔を引き締め、部屋のすみで電話をかけている小沢一郎の反応をうかがっていた。


 翌七日は、竹下を総理大臣にするために結成された「創政会」が、事実上の旗揚げをおこなう日である。その創政会旗揚げのための極秘の前線基地であるこの部屋には、竹下、小沢のほかに、羽田孜、橋本龍太郎、梶山静六ら中核メンバーと、竹下の秘書グループ一〇人、さらに、竹下の後見人ともいうべき金丸信幹事長を合わせた、三〇人を超えるメンバーが集結していた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2936文字/本文:3289文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次