読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1111868
0
自由民主党の深層
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
チビッコギャングを黙らせろ

『自由民主党の深層』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ところが、竹下と安倍の「平和戦略研究所」に関する考え方のちがいが、中曽根をめぐる勝負の大きな分かれ目になっていく。


 昭和六二年一〇月八日、いよいよ自民党総裁選の告示となった。


 前日、出馬断念を表明した二階堂進をのぞいて、竹下登、安倍晋太郎、宮澤喜一が満を持して立候補届けを提出した。二階堂の出馬断念によって、総裁予備選は回避された。本選挙に突入するか否かとなった。


 本選挙の日時は、一〇月三〇日から二〇日にくりあげられた。


 が、本選挙をめぐっては、中曽根派と宮澤派が話し合い路線を主張した。安倍派は、話し合いの姿勢を見せながら本選挙を模索、党内最大派閥の竹下派は、主戦論を唱えていた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2200文字/本文:2493文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次