読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1111869
0
自由民主党の深層
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
金丸 vs 中曽根の八分間

『自由民主党の深層』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 つぎに電話をとると、後見人である金丸信副総理につないだ。竹下は、軍師でもある金丸に話の内容を話した。話を聞き終わった金丸は、竹下にいった。

「よし、わかった。それなら、おれが明日、自分で中曽根に会って話を詰める」


 翌一六日午後三時過ぎ、金丸は、昨日から降りつづく雨の中を、総理官邸に入った。


 竹下は、心証を得たといっているが、中曽根は竹下より役者が一枚も二枚も上だ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:974文字/本文:1157文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次