読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1111870
0
自由民主党の深層
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
安倍晋太郎 vs 竹下登の六時間

『自由民主党の深層』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 運命の日である昭和六二年一〇月一九日午前一〇時、自民党本部四階の総裁応接室で、安倍、竹下、宮澤の五回目の三者会談がはじまった。


 安倍は、昼の一二時二分、赤坂プリンスホテル新館の九一〇号室に入った。竹下も、いっしょに入った。これから、最後の一本化調整をはかるのだ。


 自派の幹部たちに励まされてきた安倍は、なにがあっても、最後まで降りない覚悟を決めていた。竹下も、二者会談に入る前、側近の梶山静六から激しくいわれた。

「安倍は、押しが強い。攻められても、絶対降りるとはいわんでください。そのときは、沈黙するんですよ!」


 二人は、昼食を囲みながら、話をはじめた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2081文字/本文:2359文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次