読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1112250
0
おたく神経サナトリウム
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
キャラ化という刑罰

『おたく神経サナトリウム』
[著]斎藤環 [発行]二見書房


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 やあ。日本一「萌え」にくわしい精神科医だよ。


 いままで一回だけ、記者会見というものに出たことがある。


 といっても開いたのはせんせいじゃなくって、尾木ママ、もとい教育学者の尾木直樹サンだ。もう一〇年以上前のことになるかな。あのときはひきこもり問題がようやく知られかけていた頃で、尾木サンは独自にひきこもりの調査をして、その結果を発表するために記者会見を開いたんだった。で、当時ひきこもり専門家としてバリバリ売り出し中のせんせいが呼ばれたってわけ。


 噂には聞いてたけど、記者会見って誰でも開けるんだよね。会場費とか自分持ちで。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2179文字/本文:2441文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次