読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1112680
0
オンナノコウフクロン
2
0
251
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「男を見る目」養っといてソンはなし

『オンナノコウフクロン』
[著]安彦麻理絵 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
251
| |
文字サイズ



 加護ちゃん……。「加護ちゃんが昨日の昼ごろ、自殺未遂を起こして病院に運ばれた」というニュースをテレビで見て「……そうなんだ……」と、なんとも言い様のない気分に陥った。「なんで……なんで……」少し前に、グラビアアイドルのUが首を吊って死んだ時も、私は同じ様な疑問を持った。


「……なんでそんな『かわいい』のに、そんな人生歩んでるの!?


……女の人生とは。


「顔がかわいかったら、あらゆることがどーにでもなって、楽しい人生が歩めるのでは?」と、常々私はそう思って生きてきた。だから、かわいい女の子になりたいなりたいなりたい、と思い続けて、とうとう42歳になってしまった。中年である。にもかかわらず、しぶとくいまだに「ブスは損をして、かわいい子が得をする」と、そう思っている。いや、これは真実である。



 ブスよりもかわいい子のほうが得をする。そういうものである、世の中は。しかし。得はするけど、楽しい人生を歩めるかどうか。それは定かではないらしい。得はするけど「幸せ」になれるかどうか、それはお約束できませーん、って、人生そういうものらしい。ああ、やっぱりそうなんだ……って、気がつくの、もしかして遅すぎか?


 とどのつまり、言い切ってしまえば、女の人生はいくらかわいくても、学歴が高くても、家柄が良くても、金持っていても、才能があっても、それから、一流企業に勤めていても、性格良くても、料理上手でも、それからそれから……まぁ、とにかく。女というものは、いくらそんなふうであっても。


「男を見る目がないとぜんぜんダメ」



 これに尽きると思う。男を見る目がない、というのは、それは、女として致命傷なのだ。42年間生きてきて、これは確信して言えること。つまりは、たとえ顔がブスでも、男を見る目のある女なら幸せになる可能性はある、ということである。たとえそれまで、ブスだっつーことで損ばっかしてきたとしても、男見る目がある女だったら、そんなのいくらでも挽回できる、ってことだ。


 じゃあ、どういう男だったらいいのか。42歳の今の私がつくづく思うのは、「男は、顔でも金でもなく、やはり甲斐性である」……これに尽きる。断言。


 人生生きてりゃいろんな場面に遭遇するだろう。冠婚葬祭、親の介護や遺産相続、そして「あたし、先月から生理がこないの」などなど、そんな「男の甲斐性の見せ所」は、いろいろある。そんな時に、無様でもいい、男としての「おとこ仕事」をトンズラせずに、なしとげることができるかどうか。それが一番重要だろう、って思うのだ。


 これはやはり、娘をふたり持つ親になってつくづく考えるようになったことである。甲斐性なしの男には、うちの娘を嫁にはやれねぇ、そんな男をもし娘が連れて来ちまったら、いったい私はどんな対応をするだろうか。きっと、ちゃぶ台は豪快にひっくり返され、湯飲み茶わんが宙を飛び、「やめてマリエちゃん!!」と泣き叫ぶ娘を縁側から外に放り投げ、紹介された男の胸ぐらをつかんで、それを止めに入る夫のキンタマにケリを入れ……。家の中が「寺内貫太郎一家状態」になるのは、免れないだろう。私、小林亜星か。てゆうか、そんな男を連れてこない女に育てなければ。それが親の役目というものだ。「高学歴高収入」とかそんなんでなく、「甲斐性のある男」。そんな男を掴まえられる女に育てなければならんのだ。



 そんなわけで私が思うに、「男を見る目がない女」になっちゃった子たちって、どうもみんな自己評価が低い。低すぎる。相当かわいかったり美人だったり、才能もあったりするのに、なぜかみんな「自分のお値段」が低すぎるのだ。そうなっちゃう理由は結局「愛された、かわいがられた、大事にされたって記憶がないから」とか、そういうベタな所に行き着くんだろうか? 私も別に、自己評価高いわけでもないし、子ども時代なんてロクなもんじゃなかったけど、でもやっぱり「クズみたいな男」なんてヤだけどねぇ。根がケチだから「男にお金を貢ぐ」とか、まっぴらごめんである。だからもう、ここまでくると単なる「好みの問題」になっちゃうんだろうか。そうなっちゃったら、もう何も言えないが。「ろくでもないクズみたいな野郎じゃないとダメなの!!」「そういう男じゃないと、恋してるって気がしないのよ!!」って言うんなら、もう、どうしようもないんだけど(余談だが、うちの夫が「娘には是非、めぞん一刻の五代クンみたいな男と結婚してほしい!!」と言っていたのだが……なんか分かる気がするな、それ)



 ところで、『ワイドスクランブル』(テレビ朝日系)を見て得た情報なのだが、加護ちゃんが同棲してた男というのが、華原朋美の元カレなんだそうである。なんていうか、脱力するしかないような、そんな気分に陥った私であった。「そういうタチの女」を、嗅ぎ分ける術に長けてる男っているんだなぁと、なんか感心せざるを得ないというか……。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
251
残り:0文字/本文:2013文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次