読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1113937
0
説得する力
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
不動産業で得た資金を元手に球団買収を目指す

『説得する力』
[著]団野村 [発行]日本文芸社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ヤクルトを退団後、私がアメリカに渡ったのは、野球に携わる仕事をしたかったからだ。コーチ、あるいはフロント、ゼネラルマネージャー、スカウト体制──メジャーリーグの組織は日本よりも先んじていた。メジャーの組織の中に潜り込んで勉強、それを日本に持ち帰るつもりだった。


 しかし──。


 英語が話せる元プロ野球選手だったとしても、(やす)(やす)と受けいれてくれるほど甘くはない。江夏さんをブルワーズに入れていれば、立場は変わったかもしれない。しかし、結果が残らなければ評価されない。アソシエート・スカウトというのは、使い捨てのスカウトである。自分の力をもっと見せつけないとメジャーリーグの組織の中には入れないのだ。


 人生を動かすのは、意思、努力も必要だが、運もある。


 私は旅行代理店が軌道に乗ると、不動産業にも手を広げていた。すでにマンションの賃貸交渉で、不動産業の知識もできていた。日本はバブル景気となり、アメリカへの投資が盛んになっていた。


 二五万ドルで買ったアパートが四〇万ドルに跳ね上がったこともある。懐に余裕ができた私は、球団経営に乗り出すことにした。アメリカの野球界に潜り込むのが無理ならば、買ってしまえばいいと考えを変えたのだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:519文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次