読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1113951
0
説得する力
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
選手の個性を判断するときは先入観を持ってはいけない

『説得する力』
[著]団野村 [発行]日本文芸社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 人間には個性がある。選手にもそれぞれ特徴がある。


 野村監督の考えは、その選手の持っている最大限の才能をいかに引き出すか、というものだった。そのためには固定観念にとらわれず、ポジションを替えることもあった。


 野村監督が九〇年にヤクルトの監督に就任した時、正捕手が定まっていなかった。候補は九人。その中の一人に、飯田哲也さんという選手がいた。


 飯田さんは拓殖大学紅陵高校から八六年のドラフト四位で捕手としてヤクルトスワローズに入った。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:959文字/本文:1175文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次