読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1114627
0
どうしても忘れられない彼ともう一度つきあう方法
2
0
113
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 私のなにが、彼の心を離れさせたの?

『どうしても忘れられない彼ともう一度つきあう方法』
[著]ANNA [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
113
| |
文字サイズ

◆男には「別れたかった理由」が確実にある


 あなたは「復縁屋」という、復縁をさせるプロの人たちをご存知ですか?

 その人たちがどんな方法で復縁させるのかを研究してみたところ、まず復縁工作員は、ターゲット(復縁したい相手)の職場や行きつけの飲み屋さんなどに潜入し、ターゲットと時間をかけて仲良くなり、腹を割って恋愛の話ができる関係になるのだそうです。

 そしてまず、「彼女と別れた本当の原因」を聞き出すのだとか。

 復縁をさせるためには、本当の原因を知ることが一番の近道だからです。

 そして依頼人は、元恋人が口にした、別れの真実の原因を聞かされます。

 それは別れる際に聞いた理由とはちがうことも多く、多くの依頼人はショックを受けるのだそうです。

 たとえば、新しい女性と二股をかけていた、依頼人の性癖がどうしても受けいれられない、依頼人の外見が悪い、色気がない、どうしても結婚したくない、など。

 しかし、その真実を知って改善するからこそ、復縁できる確率が高くなるのです。

 一般に、男性は別れをきちんと告げようとせず、自然消滅にしたがったり、または女性から別れを言わせようとする傾向にあります。

 ある大学の〈別れの調査〉によると、女性から別れを切り出したのは60%、男性から切り出したのは36%だったそう。

 つまり多くの場合、別れの主導権を持っているのは女性なのです。

 では、男性が自分から別れを切り出すのを避けるのはなぜなのでしょうか?

 それは、男性は女性よりも〈契約〉〈約束〉などの〈形〉にこだわり、その形をできるだけ壊さずに保とうとする性質があるからです。

 男性が、ある女性と恋人関係である、というその〈形〉をみずから壊すのは、とても抵抗があること。

 だから男性は、女性のように、ケンカをして感情的に「もう別れる」と言わないのですね。なぜなら男性にとって、「別れよう」そして「つきあおう」という言葉は、決定的な〈契約〉の言葉だからです。

 男性にとって「別れ」はストレスであり、もっとも避けたい面倒なことでもあります。

 にもかかわらず、彼があなたに別れを告げたのだとしたら、彼の中で確実に理由があったということ。だって男性は、最後の最後まで、自分から別れを言い出したくないのですから。

 つまりあなたに別れを切り出した彼は、なんらかの理由で、


 「このままではムリだ」「もう耐えられない」「つきあっているよりも、別れたほうが明らかによい」


 と思ったのです。彼が気分や勢いで別れを切り出すことは、ほとんどないと言っていいでしょう。

 彼が別れを切り出すまでには、長い間の葛藤やガマンがあった可能性が高いのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
113
残り:0文字/本文:1096文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次