読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1115052
0
検察の罠
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「知っている」ことを認めた黒川官房長

『検察の罠』
[著]森ゆうこ [発行]日本文芸社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 黒川氏は、最終的に検察の行使する行政権限を所轄する法務省の官房長である。つまり、検察のやったことに責任を持つ立場にある。


 当然、どのような捜査をし、どのような捜査報告書を作って検察審査会に報告するかを監督することも責任の範囲内だ。


 ところが黒川氏は、あきらかに問題のある捜査報告書の存在を週刊誌がスクープしたにもかかわらず、実物を調べていないと言う。それどころか、調べる方法があるのかどうかも把握していない、ということになる。


 私は質問を続けた。

「『週刊朝日』の記事、これはおそらく事実でしょう」

「はい、内容からするとそうだと思います」

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1282文字/本文:1551文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次