>
読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1115080
0
世界でいちばん自分を愛して
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「愛のコーヒーカップ」が生まれた日

『世界でいちばん自分を愛して』
[著]中野裕弓 [発行]日本文芸社


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

きっかけはある女性との面談



 場所は東京の赤坂見附にあったビルの2階の喫茶店。ガラス越しに夕方のラッシュを迎える人通りの多い通りを見下ろす席で、ある女性とお話をしていました。今から20年ほど前になります。


 そのとき、その方へのメッセージとしてインスピレーションが降ってきました。それが「愛のコーヒーカップ」理論です。


 目の前のコーヒーカップを見ていたら、本当に、まるでアニメの世界のように、情景が広がっていきました。今でもそのときのことをよく覚えています。


 当時、わたしは外資系企業に勤務していました。その少し前から瞑想をはじめ、直感が研ぎ澄まされていました。ときどき頼まれると、会社の人や友人など、悩みを持つ方の話を聞いて、直感でひらめいたことをお話していました。それによって、気分の晴れた方もいましたので、その噂を聞きつけて、わたしに話を聞いてほしいと、訪ねてくる人もいました。


 その日にわたしがお会いしたのも、その中のお一人で、初めてお目にかかる方でした。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3707文字/本文:4137文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次