>
読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1115114
0
ポジティブ・チェンジ
2
0
36
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ルール1 頭はいらない

『ポジティブ・チェンジ』
[著]メンタリストDaiGo [発行]日本文芸社


読了目安時間:14分
この記事が役に立った
36
| |
文字サイズ


 ■ あれこれ考えて、結局やらないのはなぜ?



 自分を変えるには、どうしたらいいのか。



 おそらく、この本を手に取ったあなたはそう考えて、答えを見つけようとしているはずです。


 まずは、

自分を変えるにはどうしたらいいのか」


 と考えることをやめてください。それが、第1のルールです。


 自分を変えるために頭はいりません。つまり、考える必要はない。むしろ、考えることは変化を妨げます。



 頭はいらない、と言われても、すぐには納得できないかもしれません。

「考えずにどうやって行動するんだ? 考えてから行動するのが普通じゃないのか?」


 という疑問が生じるでしょう。


 実際、自分を変えたいと思ったとき、多くの人はまず、「どうやったら変われるだろう?」と考え、思い悩むものでしょう。


 しかし、実はこのとき、すでに変化から逃げていることにお気づきでしょうか。


 考えることによって、行動を先延ばしにしているのです

「どうやったら変われるだろう?」「自分が変わるために何が必要だろう?」、さらには「自分はどんなふうに変わりたいのだろう?」などと、頭であれこれ考えるのは、行動したくないからです。


 本当は、行動して自分を変えたくない。だから考えるし、思い悩むのです。


 考えることで行動を先延ばしする、そして結局は行動しない、だから変われない、ということになるわけです。





 ■ 「準備してから行動」では永遠に変われない



 この、「頭はいらない」をもう少し具体的なイメージで説明してみると、「準備はいらない」ということです。


 起業家や経営者を見ていてわかるのは、成功する人たちはだいたい「見切り発車」であるということです


 つまり、行動してから準備をする。あるいは、行動しながら準備をします。


 逆に、まず見かけないタイプが「準備してから行動して、成功した」という人です。


 起業にせよ転職にせよ、成功するには周到な準備が必要だ、という言い方をされるのが一般的です。

「成功するためには段取りが大事」だとか、「戦略的に行動せよ」などと言われますが、要するにしっかり考えて、ちゃんと準備をして動きなさい、という意味でしょう。


 けれども、行動するためにはこれこれの準備が必要、という考え方は大変危険です。


 なぜなら、裏を返せば「準備ができなかったら行動しない」ということだからです。


 つまり、「準備」のことを考え始めた段階で、行動しない理由をすでに作ってしまっているわけです。


 きちんと準備をして、いろいろな条件を整えてから行動しようとする人は、必要なものが揃わなかったら行動しない人である、ということになります。


 そして、準備が完了することなど永遠にありません。


 だから、いつまでたっても行動できないし、自分を変えられないのです。


 アップル創業者のスティーブ・ジョブズは、スタンフォード大学卒業式で行なった有名なスピーチで「将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎ合わせることなどできません。できるのは、あとからつなぎ合わせることだけです」と語っています。


 大学を中退し、ブラブラしていた若き日のジョブズは、たまたま潜り込んだカリグラフの授業に熱中しました。このとき彼が得た書体に関する知識は、後にマッキントッシュを設計するときに、大いに役立ちました。


 このときのジョブズは、マッキントッシュの設計を準備するためにカリグラフの授業を受けていたわけではありません。将来これを役立てようなどとは考えず、ただ自分の興味の赴くままに、行動しただけなのです。


 準備とは、必要な条件を整えることです。しかし実際は、行動しなければ何が必要かさえわからないのです。


 たとえば、私の趣味はゴルフですが、別にゴルフに関する知識を一通り手に入れてから始めたわけではありません。あるいは、「プロはどんな道具を使っているのか」「初心者向けのクラブはどんなものだろう」といったことを事前に調べたわけでもありません。


 実際には、お世話になっている人からプレゼントされたゴルフセット一式を持って、とりあえず始めてみたのです。そして、プレーしているうちにだんだんと、必要なものが見えてきました。



 ■ 最小限の準備であなたは変われる



 また、私は最近、ニコニコチャンネル(『メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」』)でのインターネットの生放送を始めたのですが、このときも同じです。


 始めたきっかけは、運営会社であるドワンゴからの依頼があったことでした。興味を持ったので、やってみようと思ったのですが、ここで「動画を生配信するには何が必要か。カメラはいる。それも、アングルにバリエーションをつけるために2台は欲しい。するとスイッチャーも必要……」などと考え始めると、いつまでたっても実行できません。


 そこで、考えたのは「最小限」の準備だけをすること。ウェブカメラだけを買って、さっさと動画配信を始めてしまったのです。


 その上で、視聴者の方から「もう少し音質を上げてほしい」という要望があったのでマイクを追加する、というようにして少しずつ機材を導入していきました。最小限の準備しかしなかったからこそ、スムーズにニコニコチャンネルに参入できたわけです。



 ついでに言うと、「自分を変えるのに最小限の条件は何だろう?」と考えるというのは、うまいやり方です。最小限の条件なら、実現しやすく、いつまでたっても「条件が整わないから」と理由をつけて変われない、という落とし穴を避けやすいからです。


 自分を変えるための最小限の条件は、たとえば、「髪を切る」かもしれないし、「眼鏡をコンタクトに代える」かもしれないし、「ビールをやめてワインを飲む」かもしれません。


 具体的に何を変えるべきか。変化に慣れるためにどんなトレーニングをしていくべきか。これらについてはこの後の項で詳しく見ていきます。とりあえず、1つだけ変える。小さくてもいいから変える。このような発想を持っておくといいでしょう。


 人間は、課題を10個こなそうとすると、1つも手が付けられずに終わってしまう一方で、1つの課題だけに専念して終わらせると、その成果に味をしめてもっと行動したくなり、結果10個以上の課題をこなせてしまうものです。

「最小限」のルールを意識するだけで、どんどん変化しやすくなるのです



 ■ なぜ立派な計画ほど計画倒れするのか



 ただ、「準備してから行動する」という考え方でもよい例外はいくつかあります。 


 1つは、そもそも周到な準備をする役割を与えられている戦略家の場合です。


 もう1つは、行動する期日が決まっている場合です。


 たとえば、「○月○日にこのプロジェクトを始動する」という期限を切って、発表しているような場合は、「期限までの2カ月でがっちり準備をして行動しましょう」というやり方もOKです。行動せざるを得ないからです。


 しかし、「自分を変えたい」と思ったときに期限を切る人はまずいません。仮に期限を切ったとしてもその拘束力は、ほぼないに等しい。だから変われないのです。


 こと自分を変える、性格を変えるといったことについては、「準備してから行動する」という考え方は完全に排除するべきです。


 このように、考えることは行動を妨げます。行動できなければ、変化できない。だから頭はいらないわけです。



 もっとも、「考えると行動できなくなる」という人間の性質にも、使い道はあります。やや本題からは外れますが、説明しておきましょう。 


 繰り返しますが、考えること、準備することは行動を妨げます。ということは、「やってはいけないことをやらない」ためには、考えることが有効なのです。


 たとえば、浪費グセのある人が、「コートが欲しい」と思って、いきなりお店に行ったら買ってしまうでしょう。下手をしたら、2着、3着と買い込むかもしれません。


 そうではなく、「コートが欲しい」と思ったら、まずはネットで今季に()()っているコートをいろいろと見てみる。通販のカタログやファッション誌も参照しながら、自分に似合いそうなコートをピックアップして、さらに予算を考慮しながら候補を絞っていく……といったことをしていきます。


 すると、最終的に「このコートを買おう」と決定した頃には、「まあ、別に今は買わなくてもいいか」と買いたい欲求が消えてしまっている。


 何か行動したい(この場合は「コートを買いたい」)という欲求が生じたとき、その行動のための計画を立てると、欲求は抑制されます。計画は欲求を消費してしまうのです。



 ■ 仕事中の雑念を追い払う付箋の使い方



 このことを、手軽に実感できる方法があります。


 集中して仕事をしなければいけないときに、不意に片付けをしたいという欲求が湧いてくることはありませんか? 私はよくあります。


 そんなときは、()(せん)に「部屋の片付け」とか、「デスクの整理整頓」とか書いて、手帳やスマホに貼り付けてしまいましょう。これは、要するに「今やっている大事な仕事が終わった後に、片付けをする」という簡単な計画です。


 これだけのことで、「片付けをしたい」という欲求が収まって、仕事に集中できるようになるはず。計画は欲求を消費し、抑制してくれるということです。


 旅行に行こうと思ってガイドブックを買ってきて、あれこれとスケジュールを立てていたら、それだけで満足してしまった。あるいは、旅行に行ったものの、思い返してみると計画を立てているときが一番楽しかった。そんな現象が起きるのも、同じメカニズムです。


 このように、計画は欲求を消費します。考えることで、行動のために必要な意志力が半分、使われてしまうと言ってもいいでしょう。


 この原理をうまく使えば、やってはいけないことを抑制するのに役立ちます。


 しかし、変わるために行動しなければいけない人にとっては、計画することは行動の妨げ、変化を邪魔することになってしまうというわけです。



 ■ to doリストはタスクを3つに絞る



 ちなみに、やるべきことをやるためのツールと見なされているto doリストも、ここまで述べたことを踏まえずに使うと、かえって有害です。行動をむしろ邪魔してしまうのです。


 そもそも、to doリストを使う意味は、たくさんのやるべきことがあり、それが常に念頭に浮かぶことによって行動を邪魔するのを防ぐためです。


 つまり、考えてしまって行動できないことを防ぐツールなのです。


 だとすると、やるべきことをすべて書き出したto doリストを見ながら行動する、というのは最悪です。


 10個、20個とタスクが書き出されたリストを見ることで、今やっていること以外のことについても考えてしまうからです。考えてしまうと、その分、行動力が消費されてしまいます。


 そうならないためには、to doリストの作り方、使い方を工夫する必要があります。



 まず、1つ目の解決策は、リストアップするタスクの数を減らすこと。


 具体的には、to doリストには常に3つしかタスクを書き出さないようにします。そして、その3つを終えるまでは、他のタスクのことを考えない。3つを完遂したら、改めてto doリストを作ります。もちろん、このときもタスクは3つです。


 もう1つの方法は、リストを隠すこと。


 思いつくかぎりのタスクを全部書き出したほうがすっきりするという人もいるでしょう。その場合は、to doリストに10項目でも、20項目でも書いてかまいません。


 ただし、この場合、行動する際には3つだけタスクを選び出し、別の紙に書き写すなどして、元のリストは隠してしまいます。そして、3つのタスクを終えるまでは、他のことについては考えないようにします。


 ちなみに、たとえば20のタスクから3つのタスクを選ぶとして、20個全部を優先順位で並び替え、上から3つを選ぶ、といったことはしないでください。20項目をソートするのは相当な労力ですから、こんなところで意志力を消費するのはもったいないです。


 リストを見て、パッと目に入ってきた3つを直感的に選べばいいでしょう。


 さらに実践的なアドバイスとしては、選び出した3項目は、それぞれ付箋に書きましょう。そして、3枚の付箋を重ねます。


 すると、目に見えるのはただ1つのタスクだけになります。余計なものが目に入らず、このことだけに集中できます。タスクが終了したら、付箋を()がして捨てれば、次のタスクが見える、というわけです。


 私は、この3枚組の付箋をスマホやノートに貼っていつも持ち歩くようにしています。


 これさえあれば、他にto doを管理するツールは必要ありません。


 なお、3つのタスクを選んで付箋に書く作業は、前日の夜にやるといいでしょう。優先順位を付け、取捨選択といった作業は意志力を消費するので、朝の創造的な時間を使うのはもったいないからです。


 夜のうちに明日やるべきことを決めてしまって、朝は悩まずに行動を開始する。そのほうが仕事が(はかど)りますし、新しいアイデアを生み出したりする余裕も生まれます。





 ■ 新しい行動をどんどん増やしていく



 自分を変えるということは、行動を変えたことによってそのフィードバックとして心理的な部分が変わることです。



 このプロセスは、 スポーツをイメージするとわかりやすいでしょう。


 再びゴルフを例に取りましょう。たとえば、いつも球が右に曲がってしまう人がいるとします。


 なんとかうまくなりたいと思って練習しているのですが、球は大抵右に曲がってしまいます。でも、何度も打つうちに、芯を食って真っ直ぐ奇麗に飛んでいくことが何回か起こる。さらに打ち続けると、いつの間にか毎回芯に当たるようになり、真っ直ぐ250ヤード飛ぶことが当たり前になります。


 そのとき、この人は初めて「ゴルフができる自分になった」と変化を認識します。


 つまり、変化を感じるのは、行動が変わった後だということです。


 逆に、ゴルフがうまくなりたいからといって、頭の中でいろいろと考えても、うまくなることはあり得ませんよね。

「そんなことをしている暇があったら練習をすればいいのに」


 と思うのが普通でしょう。


 このゴルフの例を見ると、自分を変えようと頭の中で考えることがいかに愚かであるか、わかると思います。


 たとえば、「自分は人見知りをするので直したい」と思ったとします。


 では、人見知りをする人が、「自分は変わった。人見知りが直った」と思うのはどうなったときでしょうか。



 初対面の相手にも堂々と自己主張できるようになった。


 偉い人が居並ぶ会議の席でも発言できるようになった。


 知らない人にも自分から声をかけられるようになった。



 こうした行動を自分で認識したときです。


 ということは、人見知りをする人が自分を変えるためには、具体的に行動を変えなければいけません。


 暫定的に、1つだけでもいいので、新しい行動を取っていくのです。


 自分が変わったと感じられる行動はすぐに答えが出るので、考える必要はありません。その行動をさっそく実行に移すのです。


 とりあえず、出社したらいつもは挨拶をしない人に挨拶をする、でもいい。


 1日1回は上司に意見を言う、でもいい。


 まずは行動を変えることです。


 そして、思いつくままに、新しい行動をどんどん増やしていくことです。


 もちろん、最初のうちは「人見知りをする自分」らしい行動と、「(人見知りを直した)堂々とした自分」にふさわしい行動とが交じり合っている状態でかまいません。


 ゴルフの練習を始めても、最初のうちは球が大きく曲がるときと、ときどき真っ直ぐ飛ぶときが交じり合うのと同じことです。


 それでも、新しい行動、つまり「堂々とした自分」の行動を少しずつでも増やしていくことで、次第に新しい行動に慣れてくる。新しい行動の比率がさらに増えていく。


 そしてあるとき、完全に「堂々とした自分」として行動していることに気づき、「自分は変わった」と認識できるのです。


 必要なのはまず行動です。


CHECK POINT


   自分が変わったかどうかは、行動して振り返ったときにわかる。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
36
残り:0文字/本文:6585文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次