>
読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1115409
0
男に生まれて、女になって、結婚もできました。
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
性転換の道のり

『男に生まれて、女になって、結婚もできました。』
[著]吉井奈々 [発行]日本文芸社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 私個人の性転換の歴史を述べてみると、


 18歳(1999年)〜26歳(2007年)の間に女性ホルモン(月2回)注入


 20歳(2001年)で去勢手術(タマ抜き


 23歳(2004年)で性転換手術


 といった流れで、この女性ホルモン注入→去勢手術→性転換手術という順序は、まあニューハーフの世界ではスタンダードなものだと思われます。



 難易度をいうと、まず性転換手術を10とすれば(料金は後述)、去勢手術が3あたりで10万〜20万円くらい。


 そしてホルモン注入は、後ほど詳しく説明しますが、いろんな後遺症を及ぼすこともありますので、点数には表せません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1838文字/本文:2110文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次