読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1115440
0
男に生まれて、女になって、結婚もできました。
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おわりに

『男に生まれて、女になって、結婚もできました。』
[著]吉井奈々 [発行]日本文芸社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ──私たちの結婚生活って、つまりはこういうことで。


 他のカップルや夫婦と、たぶんさして変わりはないんです。



 人生って素敵に混乱してて、その混乱がなんだか好きになってる。


 生きてることに、いつもドキドキしていたいじゃないですか。



 だから私は、もし生まれ変わってもまたオネエとして、ニューハーフとして生まれたいと思ってます。私は今までの人生で、いろいろな人と出会って、その度に出会った人たちからたくさんの刺激やプレゼントをもらってきました。



 私を産んで育ててくれた、お母さん。オネエの私に、「あなたの母親になれて良かった」といつも言ってくれること、本当に嬉しく思っています。私も、お母さんとお父さんの子供として生まれられたことにいつも感謝しています。


 社会人としての私を育ててくれた、真沙美ママやヒラメさん。仕事のしかたや一人前の大人としての生き方、またオネエとしてのイロハを教わりました。体や命は両親から授かって大きくなったけれど、私が「社会人」になったのは『サザエさん』での仕事を通してだと思っています。まだまだ未熟な私ですが、これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。


 妻として、嫁として迎え入れてくれた主人とご両親。オネエの私と、結婚を決意してくれて、娘として迎え入れてくれて、本当にありがとうございます。それまで一人の「奈々」だった私が、娘として、嫁として家族に迎えてもらえたことの感激は、これからもずっと私の宝物です。


 不束な嫁ですが、どうかこれからも末永くよろしくお願いいたします。



 こういうひとつ一つの出会いが、その時々の私の視野を広げてくれたり、立場や環境を変化させてくれたり、さまざまな原動力になっていって、今の私ができ上がっているんです。


 もちろん中には不思議な出会いや、自分の意見とは違うなって思うこともあったけれど、私が今幸せだって心から思えるのは、その出会いを大切にしてきた結果なんだと感じています。


 面白いなと思うのは、私が出演している人生相談番組でも、同じ一つの悩みに対して20人の相談員がみんな違う20通りの答えをしますよね。悩みにお答えする各分野のプロの皆さんが20人集まっても、誰もがそれぞれ違う答えを出しているんです。だからやっぱり、悩みやそれに対する答えも人それぞれ、みんな違っていてそれが当たり前なんですよね。



 この本の中でもいろいろなセクシュアルマイノリティの人たちに触れましたが、私みたいに夜の世界からは引退しても、昼間の世界でオネエとして働く人もいます。新宿グッピーさんや静岡のプリシラさんみたいなニューハーフクラブで、ショーの世界で頑張っている方もいます。


 社会に溶けこんで、普通の女の子として働いているオネエの方もいれば、GIDの学会や団体を通じて社会への認知を広げるべく頑張ってくれている方もいます。


 オネエと一口にいっても、みんなそれぞれが違う、それぞれの立場で頑張っていてくれることで、オネエの裾野や受け皿はこれからも広がっていくんだと思います。そのときに大事なのは、ノンケさんでも色んな人がいるように、「オネエだからこうなはず」っていう固定観念ではなく、その人個人がどういう人なのかを見てあげてほしいんです。


 私の生き方や幸せをとりとめもなく綴ったこの本が、そんなあなたの視野を広げる助けになれたら、こんなに嬉しいことはありません。



 最後になりましたが、この本を出版するにあたってさまざまな方面に尽力してくれたオーケープロダクションの小浦さん、大園さん。素敵な写真を撮ってくださったカメラマンの平塚さん。美しい装丁を手がけてくれたナカジマさん、原稿の執筆に協力してくれた山田ゴメスさん。ずっと支えてくださった日本文芸社編集の坂さん。そして、素敵な推薦文をくださった心屋仁之助さん。みなさんのお力のおかげで、こうして一冊の形にまとめることができました。本当にありがとうございます。


 そして、この本を手にとって、読んでくださったあなた。いつも応援し、支えてくださって本当に感謝しています。この本が、あなたの楽しいひと時に小さく華を添えられるようなアイテムになることを祈っています。


吉井奈々 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1728文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次