読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1115497
0
夢をかなえる ことだまの力
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『夢をかなえる ことだまの力』
[著]矢尾こと葉 [発行]日本文芸社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

愛と感謝のことだま使いになろう!



 この本を手に取ってくださったあなた。ありがとうございます。


 レイキカウンセラーの矢尾こと葉と申します。


 尊い出会いの奇跡に、心から感謝しています。



 突然ですが、あなたは普段、口から出す言葉をどのくらい意識していますか?



 誰だって、できれば美しくて気持ちのよい言葉を使いたいと思っていますよね。


 けれども、ごく何げなく、「は~っ、困ったな」「こうなったらイヤだな、どうしよう!」といった気持ちを、そのまま言葉にしていませんか?


 あるいは、喜びや感謝の気持ちはあまり口にしないのに、不満や心配の気持ちは口に出すという習慣が身についてしまっていませんか?



 わかります。わかりますよ、その気持ち。


 よくあることです。どうぞご心配なく。



 喜びや感謝の気持ちは、あなたのもっともピュアな部分(=愛)からきています。


 愛の表現は、慣れていないと少し気恥ずかしいし、また、相手が受け取ってくれなかったらと思うと、表現しづらくなるもの。それで、せっかくの思いを口に出すことなく、「まあ、また今度伝えたらいいかな」なんて思いがちです。



 でも、不満や心配の気持ちはというと、それをずっと内側に抱えたままでいるのは、息苦しいし、気持ちが悪い!


 それは、不安や心配が、心やからだを痛めつけるネガティブ・エネルギーだから。それで、なんとか吐き出したいので、ポロリと口から出てきてしまいます。口に出すことでスッキリするという浄化効果はもちろんありますが、実はこれが習慣化すると、悲しきかな、運が悪くなってしまいます!


 それは、あなたが出した言葉は、あなた発のエネルギーとなってこの世界に響き渡り、その言葉の持つエネルギーに「相応の出来事」をあなたに引き寄せるからです。


 言葉は、特定の周波数としてあなたから発信され、今、この瞬間も似た周波数との共鳴現象を起こし、仲間を連れてあなたに向かってやってきています。


 ですから、ポジティブな言葉は、ポジティブな出来事を呼び、ネガティブな言葉はネガティブな出来事を呼び寄せるのです。


 こうした言葉の持つエネルギーは、昔から「ことだま(言霊)」と言われ、呪術的な力として恐れられ、一方で活用されてきました。


 昔の日本人は「口にしたことは現実となる」と信じていたため、縁起の悪い言葉(()み言葉)を使うことは慎重なくらい避けられたもの。つまり、言葉の持つ力というものに、そのくらい敬意を払っていたのです。



 ことだまは、誰でも簡単に使える魔法の一つ。


 そして、言葉は人をつくり、現実をつくります。



 あなたは、これから、どんな人生を送りたいと思っていますか?


 不運な人は不運を呼ぶ言葉を、ショッキングな出来事が多い人はショッキングな言葉を無意識に使っています。ですが、今この瞬間から、大逆転は可能!


 人は、使う言葉と相応の人生を歩むからです。


 愛と感謝に満ちたことだまは、あなたに幸運を引き寄せる力を持っています。


 美しくてパワーのある言葉を使うだけで、わたしたちは元気になり、開運し、美しくなり、才能を開花させることができるのです。


 わたしは二十代の後半にこのことを知り、以来、使う言葉を変えることで、人生が思いがけないほど開運することを実感してきました。


 言葉が変わると、人生が変わります。


 すべての思考の元になっていることだまパワーを使いこなせば、すてきな人たちに囲まれ、夢をかなえていくことは簡単。


 ことだまは、宇宙へ、あなたの望みをオーダーするために存在しているのです。


 さあ、本書でご紹介した60のことだまの魔法を自在に使って、あなた自身の未来を望み通りに変えていきましょう!

矢尾こと葉

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1520文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次