>
読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1115513
0
夢をかなえる ことだまの力
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 運がどんどんよくなることだま

『夢をかなえる ことだまの力』
[著]矢尾こと葉 [発行]日本文芸社


読了目安時間:14分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


運がどんどんよくなる

「おかげさまです」

受け取り上手のことだま



 謙虚さは日本人の代表的な美徳の一つです。


 ほめられるのが本当はうれしくて大好きなのに、「いえいえ」「それほどでも」と、謙遜するのが伝統的な受け答えですよね。


 もしかすると、ご両親はあなたに人への敬意や慎みを教えるために、本当はほめたい場面でも、図に乗らないように、調子に乗らないようにと、あえて厳しくしつけをしたかもしれません。


 どうも自分に自信が持てないという人が多いのは、過去にほめられることが少なかったか、あるいはほめられることを上手に受け取ってこなかったことに原因があるのかもしれません。


 たとえば、誕生日プレゼントを想像してください。「いらないよ」「プレゼントなんて、いいよ、気持ちだけでいいよ」と言い続けていたら、きっとだんだんともらえなくなってきますよね。それと同じように、ほめ言葉も賞賛も、遠慮していると、そもそもやってくること自体がなくなってきます。


 これは大変です。本当は、誰もがほめられて伸びるタイプなのですから……。


 今からでも遅くないので、賞賛の受け取り上手になりましょう。


 そうは言っても、ほめられるとどうにも恥ずかしい、ついその場から逃げ出してしまうというあなたに使ってほしいのが「おかげさま」の言葉です。


 たとえば、

「新しい髪型がとても似合っていて、すてきね!」

おかげさまで、センスのよい美容師さんと出会えたの。ほめてくれてありがとう」


 あるいは、

「サロンのオープン、おめでとう!」

おかげさまで、今日の日を迎えることができました。ありがとうございます」


 こんなふうに、多くの愛と応援のエネルギーへの感謝を伝えながらであれば、きっとどんな賞賛もありがとうで受け取れるはずです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6221文字/本文:6957文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次