読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1115711
0
傷つきやすくて困った人
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
コミュニケーション重視の「日本的自己」が重荷になる

『傷つきやすくて困った人』
[著]榎本博明 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本人はとくに対人不安が強いといわれる。それは欧米人のように他者から独立した自己を生きているのではないからだ。

「オレはオレだ。それで何が悪い」と自分を強烈に押し出す欧米的な自己と違って、相手から切り離されず、相手と相互依存し合う自己を生きている。


 だから、人からどう見られるかがとても気になる。

「自分らしく振る舞う」より、「相手から受け入れられるように振る舞う」こと、「相手との関係性がよくなるように振る舞う」ことが大切なのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:832文字/本文:1049文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次